カーバイドシャープナー製作記その5

出来た。P_20170423_101058_vHDR_Auto

うまく機能すればVの字を通すことで刃物のエッジ角が30度>25度に戻るハズ。P_20170423_092803_vHDR_Auto

持っても使えるが、今回は台に固定してP_20170423_092722_vHDR_Auto

では早速試してみよう。P_20170423_092836_vHDR_Auto

Vの字に当ててゆっくり引いていく。P_20170423_092856_vHDR_AutoP_20170423_092904_vHDR_AutoP_20170423_092909_vHDR_Auto

削りカスが出ている!削れているようだ。P_20170423_092942_vHDR_Autoあれ、なんだか楽しいぞw

1回で角度は戻らないのでもっと引く。けっして、楽しいからじゃないよ?P_20170423_093913_vHDR_Autoカスの量が・・・やり過ぎは禁物だな。

やり終わった後はこんな感じ。P_20170423_094037_vHDR_Auto

角度はと言うとP_20170423_094710_vHDR_Auto
26度。後でわかったが、まだ削り足りなかったようだ。P_20170423_094928_vHDR_Auto

このあとセラミックシャープナーで刃先を整え鉛筆を削ってみた。P_20170423_095959_vHDR_Auto
削りカスを見ていただくと分かるが、きれいにロールしておらず、切れ味はまだまだ。
もっと丁寧に研がないと。(コレについては後日書きます)

とりあえず成功。刃角の変更及び25度の刃物なら刃が欠けても修復が楽になる。
そして、手持ちの他の刃物で使う機会は今のところないw
そういえば実家の出刃が無理な使い方でよく欠けるので角度が合えば使ってみるか。

広告

rightnen について

CRACKER(・x・)RIGHTNEN MacからThinkPadに転んだ背教徒。 腹八分目零時消灯 http://twitter.com/#!/RIGHTNEN
カテゴリー: DIY, 工具 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中