PCキーボードでAndroidを操作してみる

今時のタブレット端末はアラン・ケイ博士の提唱したダイナブックそのもので
特にiPadが出た時は夢が実現したと初代Macを知る自分なんかは喜んだものだ。
もっともその頃には既にThinkPadやGoogleに転んでいて
後年買ったタブレットもAndroid OSかつLenovo製なのだが。

3年前Lenovo Yoga Tablet 10 HD+を選んだポイントは上の二点以外だと
・ 10.1インチの大画面2017-01-31 14.27.14
尋常ではない電池の持ち・稼働時間
・ 電池の容量を逆手に取ったスタンドで自立できる2017-01-31 14.28.352017-01-31 14.28.20
目の悪い人間がすぐ調べ物をしたい、すぐ動画を見たいとき、
PCよりも早く起動でき、スマホよりも大画面なタブレットは便利です。
先日アスファルトの上に落としてしまって2017-01-31 14.29.44

・・・すまぬ・・・すまぬ

さて夢が実現しても「文字入力」に関しては最適解に巡り会えず。
最初に購入したAndroid端末、auのIS03以降、フリック入力は苦手で
PCで慣れていた疑似キーボードを表示させてローマ字入力していた。
スマホ以前に使い込んでいたPalmのグラフィティ入力アプリで復活したけど
文字認識の速さを含め入力スピードで、もはや勝負にならなかった

疑似キーボードは画面のキーが小さいので誤入力がプチあり、時々滅入る。

今はひとまずの解決を見た。入力アプリ、アルテである。
ローマ字入力に特化したデザインで、使うたびによくできていると感心する。
自分みたいなフリック入力苦手の人にこそ、オススメです。

ここ10年愛用しているThinkPadXシリーズは小さいが
他のタブレットより電池の容量分重くともYogaシリーズのほうが遥かに軽い。
タブレットによる長文入力が楽にできれば、外出時に持ち出して
表計算や文章作成が楽になる。キーボード入力をあきらめてはいない。

純正ではないがYoga Tablet 10専用の、カバー付きキーボードを購入したことがある。
安い値段相応の出来で悪くはなかったがPCのほうが圧倒的に早く入力できたのと
ThinkPadにあったキー入力の楽しさが感じられなかったので数日で売ってしまった。

さて、タブレット用のキーボードについて数年ぶりに検索したところ
PCのキーボード、それもThinkPad用を使った記事が幾つもヒットした。
それって自分にとっては理想の組み合わせではないか!!

さっそくタブレットとキーボードを繋ごうとしたら
両端がmicroUSB端子のケーブルが要るのに気付いた。我が家には、ない。
ネットで探す前にエディオンに行く機会があったので店員さんに聞いたら
そのような商品は存在しない?ので変換ケーブルを勧められ購入した。2017-01-28 21.08.06

そして認識しない。3本試してみたが繋がらない。この変換ケーブルはハズレか?
そういや何処かで「キーボード用のUSBケーブル」でないととダメと書いてあったような。
キーボードを抜いてPCに残っていたケーブルを使ったところ、カーソルが出現した。2017-01-28 21.06.21
出来た!
画像はヒビが入る前のもので2017-01-28 21.04.36

・・・すまぬ

トラックポイントやセンタースクロールが使えるし
Chromeならスペースキー(+Shift)によるスクロールや
Alt+左右矢印の前後ページ移動も可能。PCと変わらない。これはイイ。

買い替え・・・安くならないかな、Yoga TAb3 plus

・・・・・・すまぬ

広告

rightnen について

CRACKER(・x・)RIGHTNEN MacからThinkPadに転んだ背教徒。 腹八分目零時消灯 http://twitter.com/#!/RIGHTNEN
カテゴリー: コンピューターとインターネット パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中