BBQ(バーベキュー)の呪縛その5

子供:夏休みに一度は海水浴をしたい
嫁:海辺でバーベキューをしたい
希望を叶えるべく、公園のある海水浴場にやって来ました。
2016-07-31 12.35.22
自分もアメリカンではないBBQをウェーバーでやってみたくなったし。

現地で作るメニュー
 ・ 手羽先と手羽中のグリル、醤油&ハインツBBQソース
 ・ 牛ステーキ肉とズッキーニの串焼き,、塩味
 ・ 豚ロースのグリル、スイートマスタード味(塩抜き)
 ・ 豚モモのグリル、醤油&ジャムBBQソース
前夜にジップロックに入れて味付けや串通しをし、焼くだけにしてある。

現地に到着してテント設営後、
子供たちは泳ぎに夢中で一向に帰ってこないし
嫁はスマホをいじりながら子供たちを見守っている。
両脇で若者の複数グループが四角いBBQコンロを持ち込んで焼き肉を楽しむ中、
ウェーバーのグリルで時々蓋をしながらピットマスターに興じるCRACKER(・x・)

炭火のある側とない側を作り、炭火側でまず焼き色を付け
しかる後に炭火のない側へ移動させて蓋をしてからじっくり火を通す。
焼き上がったら皿に載せ、次の肉を焼く。延々と、この繰り返し。
2016-07-31 12.35.33
日差しは目に堪えるくらい強いが、テントの影と山から吹く風で不快ではなく。
それはそうと、ノンアルコール飲料って、雰囲気が楽しめるので大変有り難い。

四角いコンロと違い、ウェーバーでグリルすると厚みのある肉も芯まで火が通り
かつ驚くほど柔らかく焼ける。蓋のおかげだろう。
特に串焼きは量販店の米国産ステーキ肉(100g100円)を使い、
味付けは塩コショウのみなのに、いつものとは全く別物と好評価を頂いた。
ズッキーニとの組み合わせも抜群で、即完売。うむ、グリル凄い。

さて他の料理はというと、レシピ通りにソースを作ったところ
少し塩味が足らず、1/3が売れ残る。
まあ、おむすびやフルーツを食べまくって腹がふくれたというのもあるだろう。
嫁からお墨付きを頂いたので今回のBBQは成功ということにする。
それはそうと塩味のないスイートマスタード味に
子供が何度も手を出すのは意外だった。やはり甘さは正義なのか。

帰る1時間前にグリルの通気口を全て閉めておいたら炭は全て鎮火した。
熱も下がり、車に載せることができた。さあ、帰ろう。
で、自宅に到着し後部ハッチを開けた途端、グリルがアスファルトに落ちた。
注:ウェーバーのグリルはホーロー処理されてます

 表と裏
2016-09-04 16.57.412016-09-04 16.58.04

・・・いろいろ凹む。ガラス質もチト欠けた。サビに気をつけないとな。
載せる場所がなく、滑りやすいピクニックテーブルの上に置いたのが原因だった。
次回は足だけでもダンボール箱に入れるようにしよう。

広告

rightnen について

CRACKER(・x・)RIGHTNEN MacからThinkPadに転んだ背教徒。 腹八分目零時消灯 http://twitter.com/#!/RIGHTNEN
カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中