ヒートペンを使わないで鉛筆削りを直す(実用)

(すまない、タイトルどおりなんだ。ヒートペン関連はこちらをどうぞ

下の娘から鉛筆削りのハンドルの修理を依頼された。 2016-02-23 21.34.06
この鉛筆削りは小学校入学時に買った勉強机についてきたオマケ。
2016-02-23 21.33.463年で壊れたことから作りは察して知るべしだが、愛着があり買い替えたくないとのこと。

実は昨年からお願いされていたのだが材料の目処が立たず放置していた。
これを読んでおられる諸氏は、試しに自分の周りで材料を探して欲しい。
探すのは片側が閉じた筒

加工できて耐久性もある材質で、指でつまめるくらいの太さ・長さの。
これがなかなか無い。ボルトの加工(後述)があるのでボールペンのキャップでは細すぎる。

就寝前の登校準備で、娘がハンドルのない状態で鉛筆を懸命に削っているのを見て
健気さとやるせなさと長いこと約束を果たせてないのとで緊急に修理を宣言した。

仕事場を詮索、インクの切れたマジックペンを見つけた。2016-02-23 21.34.31細い方のキャップがイケそうだ。
以前買っておいた精密ネジ(ボルト)から適当な大きさ、長さのものを見繕う。2016-02-23 21.35.14
ボルトの経を合わせたドリルで穴あけ。2016-02-23 21.37.422016-02-23 21.39.52
こんな感じでネジ止めする。2016-02-23 21.43.00
が、そのまま締めるとハンドルが斜めになってしまうのと
摺り合わせ部位の摩耗が気になったので有り余っているワッシャーを噛ませてみた。2016-02-23 21.49.11
ナットを嵌める。2016-02-23 21.50.14
締まってナットが奥へ行くとラジオペンチで固定できない。ここからはピンセットの出番。2016-02-23 21.54.10
ボルトが無駄に長いので緩くなってもすぐに外れない。
ヤワなピンセットでも必要十分に役目を果たせる。

できたじぇい。2016-02-23 21.54.39
ハンドルは90度の位置でピタリ。ワッシャーは隠れて見えない。2016-02-23 21.55.12
動きはスムーズかつ、ぐらつかず。

寝る直前に引き渡し。赤い色が娘の心にヒットしたようでニコニコが止まらない。

「で、これ(材料は)何なの?」
「ん?マジックペンのキャップ」

・・・娘よ、何故そこで目を輝かす?

広告

rightnen について

CRACKER(・x・)RIGHTNEN MacからThinkPadに転んだ背教徒。 腹八分目零時消灯 http://twitter.com/#!/RIGHTNEN
カテゴリー: DIY パーマリンク

ヒートペンを使わないで鉛筆削りを直す(実用) への3件のフィードバック

  1. GNS より:

    シャーペンを使わないのナ。
    挟み込み固定でよくグラつかないな。

    • rightnen より:

      キャップに開けた穴がボルトの経ギリギリなせいで、回し過ぎるとナットも回る。
      筆箱の鉛筆全部を削るとグラついてきました。

  2. GNS より:

    普通のナットじゃなく高ナットを使えば回しやすくなります。
    その上でナイロンナット締めすればいいかも。
    手持ち範囲って縛りがあるから難しいでしょうけ、うちじゃ買い足してる内にねじ類だけで4kgくらいある有様でして・・・。
    やっぱカラーなど鋏んでキャップをフリーにして上でハンドルにネジは固定しなきゃダメですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中