20年以上も気づかなかった話

フォールディング(折りたたみ式)ナイフのロックは
開いた時だけでなく閉じている時にも機能しないといけない。
ポケットに入れてて腿の付け根や突っ込んだ手に「チックリ」はマジ怖い(経験者談)
特に肥後守のような簡単な機構だと上記の事故は(100%ではないが)起こりえるわけで
専用シースを作って入れるのが上策だが、前々から考えていたアイデアを実行してみる。

フランスのオピネルである。2015-04-15 21.06.16
画像のものは90年台前半に買ったもの。
単純だがよく出来たロック機構を採用している。
ブレードを開いてハンドル先端の輪になった金具を回すことでロックが掛かる。
2015-04-15 21.06.342015-04-15 21.06.46
ただ、ブレードを畳んだ時のロックがない。そのままポケットに入れると自然に開く、かも。

軽い失敗例。2015-04-15 21.19.44
ブレード背の根本の白銀線は
ここから後ろを削って閉めた時にロックの金具を回せるようにしようとした跡。
ただ本格的に削る直前に
「この部分削ったら、開いた時に定位置よりブレードがのけぞるんじゃね?」
て事に気づき、事なきを得る。この程度の傷で住んでよかった。
いつものことだがもっと事前に思考実験しようよ、俺。

ここから本番。ロックの金具の方を削る。
マジックペンで作業部位を設定。
2015-10-27 21.13.37
100均の単3電池×4のルーターは重宝していたが
程なく先端工具が作業中に抜けるようになったのでこれを破棄。
代わりに本格的なのを購入した。こいつで削るよ!
2015-10-27 22.01.48

円盤状の砥石で切っていく。高いだけあって100均のようなブレがない。しかも強力。2015-10-27 21.20.132015-10-27 21.22.12
横方向の切断は気を使う。他の部位は傷つけないようにしないと。2015-10-27 21.24.48
バリはダイヤモンドヤスリできれいに落とす。2015-10-27 21.36.33

できたじぇい。開いた時と同じく右左どちらに回してもおK。2015-10-27 21.37.26
我ながらナイスアイデア、オピネルから声がかからないかしらん♪(妄想中)
待て待て、他にも思いついている奴がいるやもしれぬ。調べてみよう・・・・・・ん?

「2000年 刃をロックする機能(ヴィロブロック)が改良され、ナイフが閉じた状態でも安全に持ち運べるようになる。」(オピネルの歴史より)

2000年に?15年前に!?俺、このアイデアは90年台から暖めてて・・・

 

・・・左右どっちでも、ってところはオリジナルだもん・・・        orz

広告

rightnen について

CRACKER(・x・)RIGHTNEN MacからThinkPadに転んだ背教徒。 腹八分目零時消灯 http://twitter.com/#!/RIGHTNEN
カテゴリー: ナイフ&シース, ナイフ改造 パーマリンク

20年以上も気づかなかった話 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ナイフに関するしくじり:その4 | CRACKER(・x・)'S_DEN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中