ワッシャー地獄のまくら

米Mテック社のダイヤモンドカットだ。2015-08-18 21.50.53

先に言っとくがメーカーの代表作でも何でもない。1000円を切る安物、既に廃盤だ。
でもこのハンドル、なかなかキレイじゃないか?2015-08-26 17.46.44
中国製だがハイテク機器で加工されていて値段の割にパーツの精度や作りは良い。

ただツメが甘いというか、開閉時に鉄粉がジャリジャリ音を立てる。
日本ではクレーム案件なのかもしれないが
アメリカだと自分で手入れする文化があるのであまり気にしないらしい。
見習ってダイヤモンドカットを分解、清掃しよう。

清掃も終わり組み立てようとしてワッシャーが一つ足りないことに気がついた。2015-08-18 21.46.37
ワッシャーはブレードとハンドルを貫く軸に挟み、滑りを良くしたり開閉時に付く傷を防ぐ。
初期には銅製などもあったが、現在はテフロン製以外見たこと無い。
ミレニアム前の古いタイプ(ユーザーが自前で分解できない)のナイフにはなく、
どれもこれも使うほどに傷がつくのが悩みの種だった。2015-08-24 18.08.092015-08-25 12.33.42

このまま組み立てるれば傷がつく。しばし考える。
ワッシャーはこのナイフ用のカスタム品ではあるまい。
工業製品の規格ものを使っているはず(推測)だから探せば同じものがあるはずだ。
物差しで目安を付け通販サイトをあたって注文した。

続く。

広告

rightnen について

CRACKER(・x・)RIGHTNEN MacからThinkPadに転んだ背教徒。 腹八分目零時消灯 http://twitter.com/#!/RIGHTNEN
カテゴリー: ナイフ改造 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中