ランドールM18改造記その2

ガンブルーというくらいだから元は銃器の錆止め処理を指す言葉なのだろう。
色々探してみて、モデルガンの通販サイトで売っていた薬品を使ってみた。
RIMG0032
ゲル状で液ダレせず、狙った所に塗りやすい。

塗って10分待ち、流水で落とす。RIMG0009
ムラが出たので時間をおいて2回塗った。まだムラは残るがこのへんで止めておこう。

処理前RIMG0016 RIMG0019 RIMG0020


処理後 2015-05-11 22.15.55 2015-05-11 22.15.18 2015-05-11 22.18.39

因みにこの処理を行ったのは4年前。硫化水素の臭い?まだ少し残っている。
保管時は薄く油を塗りダンボールのさやに入れてるだけだが赤サビの気配はない。

後で知ったのだけれどレモンティーに浸してもガンブルーにできる。
専用の薬品でもムラが出るのなら、安上がりなこの方法もいいかもしれない。
玉ねぎを切りまくるのも同様だがこれは美意識的になにか違う気がする。

余談だが昔、梅雨時期にUSA某社のダマスカスナイフ(パキスタン製)を購入したところ、
あっという間に赤サビを吹き始めビビった事がある。
何もしないのに錆びたのは後にも先にもこれだけだ。鉄って怖い。
2015-05-11 22.17.12

その1
その2
その3
その4

広告

rightnen について

CRACKER(・x・)RIGHTNEN MacからThinkPadに転んだ背教徒。 腹八分目零時消灯 http://twitter.com/#!/RIGHTNEN
カテゴリー: ナイフ改造 パーマリンク

ランドールM18改造記その2 への3件のフィードバック

  1. 森嵜幸春 より:

    黒さびなら、カー用品のホルツから赤錆を化学変化させるのが出てたけど、それじゃだめ?

  2. rightnen より:

    amazonのコメント見てきたけど面白い製品ですね。これいいかも。

  3. ピンバック: ナイフに関するしくじり:その3 | CRACKER(・x・)'S_DEN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中