ナイフの形をしたライフツール

米ナイフメーカーTOPSの代表作「トラッカー」

2014-01-22 21.37.38

トミー・リー・ジョーンズ主演の映画「ハンテッド」で紹介され
TOPSによる大量生産もあり一般に知られるようになった。
映画の興行成績は振るわなかったが流行り廃りの激しいナイフ業界で
トラッカーは10年以上経過した今も廃盤にならず製造販売されている。

2013-11-12 15.26.562013-11-12 15.26.22

炭素鋼で錆びやすいが、研ぎやすく切れ味は鋭い。
大きさの異なる4タイプがある。 

2014-11-25 18.26.51 上からT1、T2、T4。わかりにくいので掌に添えて写してみる。

2015-02-06 18.43.11画像の掌の横幅はほぼ10センチ。比較の参考にして欲しい。

2014-11-25 18.27.332015-02-06 18.45.43 オリジナルのT1。重い、でかい、トップヘビー。
T1より重いナタのほうが扱いやすい。正直、持て余す。

2014-11-25 18.27.522015-02-06 19.58.51 T2。バランスがよく、使いやすい。T1より断然こちら。

2014-11-25 18.28.112015-02-06 18.44.53 T4。小さい。自分でも意外だったが一番使っている。個人的におすすめ。

この他にT1よりひと回り小さいT3もある。高級鋼材ATS-34製。
触ってないので評価は避けたいところだが、多分持て余す。

様々な使い方を想定された複数のエッジライン故に
単一の用途で作られたものと比べると使い勝手は決してベストではない。
しかし用途をサバイバルに限定するとなかなか頼もしい。
特に火起こしは秀逸でトラッカーを使うのが楽しい要因の一つである。

理由はこのナイフを特徴付けているフックの部分「トラッカーポイント」にある。

2014-01-22 21.38.26 この逆Rの短いブレードは動物や木の皮剥ぎに使うだけでなく
木を薄く、細く、大きさを揃えて削ることができる。それも簡単に。
こうして作られた木切れは火付けの序盤に必要かつ最適な燃焼剤になる。

2014-01-22 21.39.28 トラッカーポイントの性能はナイフの大きさに左右されないので
T4でも問題ない。次は実際に火おこししてみよう。

広告

rightnen について

CRACKER(・x・)RIGHTNEN MacからThinkPadに転んだ背教徒。 腹八分目零時消灯 http://twitter.com/#!/RIGHTNEN
カテゴリー: ナイフ&シース パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中