ブラス磨き。まずは一本目

●磨く前の状態がこちら。

2014-05-31 15.49.132014-05-31 15.49.24

 ブレードは異常なし。
 ブラスのヒルト側は前の修理時に漏れ出た接着剤を落とす際に磨いたため
 一部だけキレイになっている。

2014-05-31 15.59.22

 ハンドルエンド側は何もしていない。茶色のザラザラしたサビがびっしり。

2014-05-31 15.53.42

●金属磨きの友、ピカール。

2014-05-31 15.50.39 研ぎの仕上げにも使います。

 ティッシュを8等分し、小指の爪くらいの大きさになるまで三つ折り続ける。
 缶をよく振って撹拌後、ティッシュにピカールを軽く付けて磨く。
 磨きの目安は金属面にピカールが残らなくなるまで。

2014-05-31 18.16.022014-05-31 18.16.14

●ブラスの緑のサビは油を付けたティッシュで直ぐ落ちる。
 しかし茶色のサビはピカールを使ってもしつこい。

2014-05-31 19.24.082014-05-31 19.24.42 鉄よりはマシだが

●ベークライトの艶も取り戻せるかと思ったがこちらは上手く行かず。

2014-05-31 15.51.29

●スポンジ砥石も使えば早かったが、とりあえずピカール+ティッシュだけで磨き上げた。

2014-05-31 15.59.222014-05-31 18.16.14 Befor

2014-05-31 16.01.032014-06-04 19.03.29 After

●せっかく磨いたので今回はワックスでコーティングする。

2014-06-04 18.47.01 大英博物館御用達

●塗って乾かし、拭きとるだけ。金属もプラも木も何でもOK。コレで数年は保つハズ。

2014-06-04 18.48.462014-06-04 19.04.21 触らなければ、な。

●ついでにシースも手入れしよう。まずはワセリンを塗り塗り。

2014-06-21 14.38.442014-06-21 14.39.06 これで一週間後

 カーショウ!おまえもか!!

広告

rightnen について

CRACKER(・x・)RIGHTNEN MacからThinkPadに転んだ背教徒。 腹八分目零時消灯 http://twitter.com/#!/RIGHTNEN
カテゴリー: ナイフ&シース パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中