マルチな電動工具でナイフのグリップ(鉄)を改造する~後編

 まずは分解してパーツを確認。

2013-08-28 22.37.202013-09-17 00.48.57

 マジックで書いたところまで削りたい。指を乗せたい。
 ダイヤモンドヤスリで挑むも遅々として進まないので文明の利器を使う。
 手持ちの電池リューターは研削力が弱い。マイティ2の鉄用切断砥石で削ってみた。
 (正確には前に書いた自己責任技)

2013-09-17 14.34.05 いや、もう、全然進みませんワ

 手によるヤスリの研削とは比べ物にならない位、早く削れる。
 ただ、これまでは大雑把に切ればよかったが今回は小さい部位の研削。
 ゆっくりと、丁寧に。削り過ぎないよう神経を使う。

2013-09-21 09.48.03 仕上げは丸鉛筆に耐水ペーパーを巻いたもので磨く。

 次は樹脂の方だ。
 近代ナイフのハンドルに使われるプラスチックはほとんどがガラス繊維を含んだ強化版。
 粉にして吸い込むと石綿と同じ肺の病気になるらしいので機械は使わずナイフで削る。
 サンドペーパーでの仕上げは水で濡らしながら行う。

2013-09-21 10.13.332013-09-21 10.56.33 柔い木を削る感覚

 完成した。まずは改造前。

2013-08-28 09.12.412013-08-28 09.13.52

 改造後。ライナーが見えるでしょ?

2013-09-21 15.17.572013-09-21 15.18.14 

 マルチな電動工具は他にも出来る事がまだまだありそうだが
 「真っ直ぐ切る」必要がなければコンパクトなディスクグラインダーでいいような気がするのは
 初心者を脱してきたからか、なんてな。

広告

rightnen について

CRACKER(・x・)RIGHTNEN MacからThinkPadに転んだ背教徒。 腹八分目零時消灯 http://twitter.com/#!/RIGHTNEN
カテゴリー: ナイフ改造, DIY, 工具 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中