フェノリックハンドルの修理

●新古品のナイフ「カーショウ#1030」を購入したらハンドルが割れてた。

RIMG0006RIMG0007

●ハンドルの素材はプラスチックの一種でフェノール樹脂という。
 別名ベークライト。暴走エヴァを固めたアレね。
 決して脆い素材ではないが、割れたのを見るのはコレが初めてではなく。
 姉妹品の#1035。こちらは中古で、割れたのを補修して売られていた。

RIMG0005RIMG0007 むしろ味がある

●#1030を直してみよう。
 ちなみに#1035は何を使って埋めたのか不明。
 匿名掲示板でエポキシコートが良いと目にしたので取り寄せてみた。

RIMG0004 本来は釣竿等の表面をコーティングするもの

 A液とB液を混ぜて塗り、1~数日かけて固化させる。
 時間はかかるが粘度が低いので割れ目を埋めるのにいいらしい。

●はい、問題発生しました。
 サラサラすぎてフェノール樹脂と真鍮の間から漏れて固まった。
 隙間があったんだね。漏れ出た分、割れも完全には埋まらず。
 とはいえ奥は固まったので漏れはもうない。水分も侵入できなくなった。
 割れ目からも垂れてたので今度は粘土で土手を作り再注入した。
 ・・思い悩み焦ると写真撮るの、忘れるんだよね。

●固化後、余分な固まりを削り取り、耐水ペーパーやスポンジ研磨剤で
 少しずつ目を細くして磨いていく。エポキシコートは丈夫だった。
 最後はコンパウンドを使ったけど#1035のプロの仕業と比べて見た目まだまだ粗い。
 とはいえ触った感触だけなら割れや修理したことには気がつかない。
 粘土の土手を割れ目ぎりぎりに沿って作り、垂らさないようにすると仕上げが楽です。

RIMG0011RIMG0012 艶に違いアリ
 
●余談:20年前の代理店の標記どおり「カーショー」でなく「カーショウ」にしたよ。

広告

rightnen について

CRACKER(・x・)RIGHTNEN MacからThinkPadに転んだ背教徒。 腹八分目零時消灯 http://twitter.com/#!/RIGHTNEN
カテゴリー: ナイフ&シース パーマリンク

フェノリックハンドルの修理 への2件のフィードバック

  1. ピンバック: ブラス、真鍮または黄銅 | CRACKER(・x・)'S_DEN

  2. ピンバック: ブラス磨き。まずは一本目 | CRACKER(・x・)'S_DEN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中