WindowsPCで走るOSに手を出してみた

MacOS
bookリストのMacintosh大図鑑の続き。
数年前からのMacエミュ導入が上手くいかない理由がわかった。
デスクトップからHFVExplorer上の仮想HDにペーストしてもドロップできないが
HFVExplorer上のHD同士でコピー&ペーストすればよかったのです。orz

あと、本書リンクや検索でひっかかるHFVExplorerは圧縮ファイルが壊れています。
Macintosh Emulation Stationの左欄Mac EMU Toolsで探してください。

Linux Ubuntu
HDD容量も少なくてすむし、使い慣れたOpenOffice.orgとFireFoxはあるし
Unixの血統だからかMacOSXに似た構成で
漢字Talkと比べて好きではないが使うのに違和感はない。
無線LANもすぐに繋がった。
プリンタへの対応と市販ゲームに関しては不明ですが
仕事とネットに使う分にはなかなかよさげです。

個人的に問題が少々。
Ubuntuには登録されたソフトの最新版をボタン一発で入れてくれる便利ツールが
最初から入っているのだけれど、安定性等で数ヶ月の試験を経ないと登録されない。
例えばOpenOffice.orgは先日3.0になってWindows版は大変重宝しているけれど
Linux版を試そうにも上記の理由でUbuntu公式は未だ2.4である。
未登録ソフトのインストールはMS-DOSよろしくコマンドを打ち込まねばならず
さらに3.0インストールにおいては2.4関連ファイルを全て手動で消さねばならない。
消して(消せたと思う・・・)インストールを試みたが起動してくれません。

結論:公式採用を待とう。

広告

rightnen について

CRACKER(・x・)RIGHTNEN MacからThinkPadに転んだ背教徒。 腹八分目零時消灯 http://twitter.com/#!/RIGHTNEN
カテゴリー: コンピューターとインターネット パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中