ブラックバスの熟れ寿司

琵琶湖沿岸で作られる鮒寿司が好きです。
「臭い」と親族皆口にしないので独占できるのがまた良い。
塩と酸味と旨味(肉と米、柔らかくなった骨、脂の染み出る頭、それぞれ違う)の妙。
臭い?いえ香りです。チーズに近いといえば近い。酸と海産物系蛋白&脂の香り。
少量で満足できるのは美味の証拠。糖尿の体にも嬉しいですね。

とはいえめったに手に入らないのと高いのとで、そうそう食べられない。
そんな中、ネットでブラックバスやブルーギルといった外来魚を使う
安い熟れ寿司があると聞き調べてみました。
地元の古老曰く「味はニゴロ(フナ)とほぼ同じ」
小泉武夫教授曰く「これはうまい!」(説明書にて)
否定的な意見「腐臭が・・」もありましたが鮒寿司でも見受けられるし。
これはいけると思い、つてを当たって購入してみました。

購入してわかったこと
・ブルーギル=ビワコダイ、ブラックバス=ビワスズキと呼んでいる
 ブラックバスはスズキ科、ブルーギルは丸っこくて鯛に似てるっちゃ似てるかも。
・ブルーギルの熟れ寿司は今のところ無い
 漬けるに向かない、小さいサイズしか取れないそうな。
・バスの熟れ寿司は子持ちじゃない
 卵の粒が小さくて潰れやすいから漬けられないそうな。
・脂が少なくてヘルシー
 フナの二分の一で、臭いも少なくあっさりしているそうな。
・そりゃあもう、安い
 フナが100g千円以上ならバスは三百円!バス圧勝!!
・俺の口に合わない
 この点は個人の主観の問題であることをまずお断りしておきます。
 冷蔵庫に鮒寿司の残り(頭)があったので食べ比べてみました。
 まずバスの封を開けて思ったのは「俺の知ってる鮒寿司の香りぢゃない」
 濡れた古雑巾、あるいは台所の三角コーナーの臭いとしか例えようがない。
 (頭の中で「危険!夏場にやっちゃった臭プンプン!」の警報が鳴り響いている)
 口にする。酸味がきつい。確かにコレだけきつければ腐敗は免れるでしょうけど。
 材料に塩とあるのに塩味がまったく無い。それどころか旨味もない。酸っぱいだけ。
 脂の少なさ=あっさりだが同時に香りもありません。フナの頭は脂で臭くてうまい。
 (エスキモーが痛んで臭う鮭の頭を好んで食べるという話がさっき実感できた)
 骨はフナよりも柔らかく食べやすい。バスだからか、酸味のきつさのせいかは不明。
 身はなんとか食べれるが、米は古雑巾臭そのもの。食べた上で書く。ダメです。

バスの熟れ寿司の作り方が俺が食ってきた鮒寿司のそれと違うのか?
生産者の作り方が他の生産者に伝わるものと違うのか?
そもそも塩味なし酸味のみの鮒寿司がジャンルとして存在していたのか?
俺にわかろうはずもありません。翌日腹は大丈夫だったので害はないでしょう。

結論
・外来魚は普通に調理して食うか、肥料化に期待しよう。

広告

rightnen について

CRACKER(・x・)RIGHTNEN MacからThinkPadに転んだ背教徒。 腹八分目零時消灯 http://twitter.com/#!/RIGHTNEN
カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中