アステロイド(1980)

米GDW社120シリーズ、すなわち「120個のコマを用い、120分でルールを覚え、120分で終われる」簡単ボードゲーム第一弾。

初見は「RPGなんてこわくない!」(1992)だったか。
テーブルトークRPGは時間をかけて色々設定を決めなきゃできないものばかりではない、
手軽に初心者が遊べて面白いものの代表として紹介されたのがアステロイドだった。

マッドサイエンティストが小惑星を地球に衝突させようとしている!
様々な職種の11人と一匹で小惑星内部に侵入、警備ロボットから逃げつつ
小惑星を制御している電子頭脳を狂わせ自爆する前に脱出しなければならない。
キャラクターは名前と職業と特殊技能が決まっている。
例えば電子頭脳を狂わせても生き残りにパイロット技能を持つものが居ないと
宇宙船を動かせない=脱出できず自爆全滅なので誰が戦うかよく考えないといけない。
また男女で恋中になる代わりに怪我で動けない相手を見捨てられなかったり
ロボットから好かれると攻撃されない代わりにさらわれたり
犬嫌いだったりと様々な制約がある。

記事を読む限り大変面白そうで、しかもお手軽らしい。
大作に挑戦する気力の無い、でも何かしら遊びたい無気力な大人としては
とても魅力的なゲームに写る。
以来探しているのだがレビューこそあれ現物はとっくの昔に絶版。
後にRPGamer誌創刊号(2003)の付録についたものの
気がついたのは絶版になってから。あうぅ。

色々思案した挙句、書籍なら復刊してもらえりゃいいじゃんというわけで
こちらで受付窓口を作ってみました。
自分も遊んでみたいと思われたら、是非投票してください。お願いします。
右欄でも紹介している
「馬車馬大作戦」でリプレイを読むことが出来ます。

(追加8/3)復刊用リンクをはずしました。理由については後日書くかも

広告

rightnen について

CRACKER(・x・)RIGHTNEN MacからThinkPadに転んだ背教徒。 腹八分目零時消灯 http://twitter.com/#!/RIGHTNEN
カテゴリー: ボードゲーム パーマリンク

アステロイド(1980) への1件のフィードバック

  1. rightnen より:

    運がいいとamazonで出品されてます。5桁ですが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中