旧機種ゲーマーの切実な話~序章

8ビット機からドリームキャストまでの古い家庭用ゲーム機を未だに持っている。
旧機種でのプレイは思い出の確認ではない、20年以上続く現在進行形の戦いなのだ。
(例:メガドライブ「クライング」最終面に到達したのは購入14年目、昨年7月であった)

しかしバッテリー切れや端子の接触不良、ディスクドライブのご臨終など
ハード的トラブルで稼動機が減っている。修理サービスもほとんど打ち切られた。
とりわけサターンとプレステはそれ以前の機種よりも故障l率が高く、頭が痛い。

そんなわけでエミュの存在はたいへんありがたく、かつ重い。
十年来のMacからWindowsに転んだ理由のひとつがエミュだったし
「プレステエミュが快適に走る最低金額」がPCを選ぶ基準だった。
「いつでもどこでもお手軽操作」を目指していたらデスクトップからノートになり
さらにはニンテンドーDS、現在はPSPへと行きついた。

そんなわけでエミュをいじった体験談、とりわけDSとPSPの話をぼちぼち書いていきます。

広告

rightnen について

CRACKER(・x・)RIGHTNEN MacからThinkPadに転んだ背教徒。 腹八分目零時消灯 http://twitter.com/#!/RIGHTNEN
カテゴリー: ゲーム パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中