オブリビオン日記~マヒ

戦士ギルドに不満がある。
世間話をする分にはかまわない構成員達だが、ことクエストが絡むと扱いが酷くなる。
まだ下っ端なので仕方ないといえばそれまでだが、私はグレイフォックスですよ?盗賊ギルドの長ですよ?まあ公式には存在しないけど。

不満はまだある。戦士ギルド支部に必ず一人いる守衛。支部内を移動するたびに後ろからついてきてこちらを監視している。現実世界で監視カメラは必要と思うが仮想世界の奴等の存在はうざい。先に手を出させようと挑発や激昂の魔法を試みたが掛からないときている。なんとも面白くない。

もとはといえば暗殺ギルド「闇の一党」のとある指令が嫌で逃げてきたことに起因する。居場所がないので戦士ギルドのクエストをこなしているだけなのだ。
暗殺ギルドは、名前とは裏腹に居心地がよかった。仕事もやり甲斐があった。帰れるものなら帰りたい。
その指令は自分の能力なら楽勝だが、どうあってもこなせない。できないのではなく、やってはいけないのだ。

そうこうするうちに戦士ギルドの商売敵をつぶすクエがあり上司と組んでこれを解決した際、話しかけようとしたらスニークモードになっていて上司から盗む行為をしてしまった。ギルド仲間への犯罪行為はご法度で上司はカンカン、クエは終了できず、支部長からは初犯なので熊の毛皮20枚で勘弁してやるとありがたいお言葉をいただいた。

熊20頭ぐらいと思って旅に出たが、探すときに限ってなかなか出会わない。おまけに毛皮は溜まってくると重さが半端なく、体力のないアサシンにはかなりの負担になってくる。重量軽減の魔法を終始かけ続けねばならない。

数日かけて毛皮を集めるうちに森でばったり出会った森林警備隊から盗品所持の嫌疑をかけられた。拾うときに出るはずの盗品マークが表示されないことがあるようで、途中見つけた洞窟や遺跡を探検したとき拾ってしまったらしい。身に覚えはないが普段ならおとなしく保釈金を払うところだ。

しかしここ最近の鬱屈した感情がそうはさせなかった。周りに人はいない。

仕事や正当防衛や事故ではなく。

広告

rightnen について

CRACKER(・x・)RIGHTNEN MacからThinkPadに転んだ背教徒。 腹八分目零時消灯 http://twitter.com/#!/RIGHTNEN
カテゴリー: ゲーム パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中