山の神様

昨晩届け物があって郊外の山村へ車で出かけました。
山に入るにつれ暗くなるわ、雨が段々強くなるわ、道は細くなるわ、崖&ガードレールは無いわ。
夜&土砂降りで人がいない。車の天井を叩く雨音で他の音が聞こえない。
村に着いても心が休まりません。圧倒的な暗闇と細々と照らされる明りの対比が怖い。
自動車工場が開いてました。明るい工場内(無人)の修理中だかレストア中の複数の車体が生き物の骸の様で怖い。
他所の家ではテレビを見ている一家の背中が窓越しに見えます。振り向かれたら血の涙を流していそうで怖い。
なんかスイッチが入っちゃってイメージが払拭できないの。
リアルにサイレンの世界が目の前に広がってるんだわさ。
&道に迷う
 
!?車のライトに照らされ前方から何かが近づいてくる Σ(゚Д゚||)ヒィィィィ
舗装された道路をとっとこ歩いてきたのは…イノシシ?
畑を荒らしにきたのか、一抱えありそうな胴体を揺らしながら村の中心部に行ってしまった。
通り過ぎた後、不安はすっかり消えてました。
ありがとう、イノシシ!なんだか元気が出たよ!(`・ω・´)シャキーン!!
途中から闇の中の徒歩になりましたが気になりません。無事に用事を終え、帰途に付きました。
イノシシはもういなかった。また会いたいな。
 
余談1
この山の頂には地元の企業が建立した巨大観音菩薩が毎夜ライトアップされています。
私有地を通るのと道が悪いのとで、存在は知っていても間近で見た町の者はあまりいません。
夜は十数キロ先から見えます。しかし明るすぎて「白く光る棒状の何か」なので言われないと観音様とは分かりません。
上記の村といい、サイレン続編を作るなら舞台にぴったりな気がします。
余談2
十年近く前に勇気ある若者が観音様を見てきたところによると山羊の一族が住み着いて観音様の足元は黒豆だらけとか。
道も思い出したし、久しぶりに見に行こうかな>勇気ある若者(ワタシだ)
余談3
○ンリンのデジタウンは順路までは検索してくれない。
広告

rightnen について

CRACKER(・x・)RIGHTNEN MacからThinkPadに転んだ背教徒。 腹八分目零時消灯 http://twitter.com/#!/RIGHTNEN
カテゴリー: 旅行 パーマリンク

山の神様 への1件のフィードバック

  1. CRACKER より:

    観音像が出ないようです。エラーが出たらURLをコピーして新しいウインドウで開いてみてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中