「北米アカウント」でググれ

Xbox360をネットに繋ぐと色々楽しめるわけですが
それらコンテンツの中に「XboxLiveアーケード」があります。
アーケードとはゲームセンターのソレではなく商店街の「アーケード」の意で
市場流通に乗せると却って高くつくミニゲームをネットで配信するというもの。
体験版は制約があるものの無料で、遊んで気に入ったら制約を解除した完全版を購入できます。
 
さてコンテンツのなかには国限定のものがあります。
海外だけで発売されるゲームのデモなんかはその際たるもので仕方ないと思うのですが
中には明らかに日本でも発売されるのに日本のユーザーが見られないものがあります。
最近のものでは自分が予約した「コンデムド」「デッドライジング」がそうで
どっちもホラー、発売日間近、日本語字幕間に合ってる?本当に出るのか??みたいな、内容とは無関係な不安に襲われます。
 
対戦格闘ゲームの金字塔「スト2」ことストリートファイター2。
それ自体は既にあらゆる機種に移植されまくり珍しくありませんが
遠隔地の対戦で実績のあるXboxLiveで遊べるのなら今更ながら魅力あります。
ゲーセンで見知らぬ客と腕を競った古参ユーザーならなおさら。
XboxLiveアーケードで先日発売されたのですが、日本の一部ユーザーの間でちょっとした物議を醸しました。
「日本ユーザーの目にかなわないデキ」という理由で配信は海外だけだったのです。g(゜田゜)ガッデム!
「我々は移植黎明期の拙い16bit機版から散々遊び倒している、エミュであろう360版で我慢できないわけないだろう!」
なんとしても遊びたい!でも配信されてないからそもそも選べない…
 
続く
広告

rightnen について

CRACKER(・x・)RIGHTNEN MacからThinkPadに転んだ背教徒。 腹八分目零時消灯 http://twitter.com/#!/RIGHTNEN
カテゴリー: ゲーム パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中