あと少しで神アプリなのに

さて、P10Liteの性能とは違うところで問題が起きた。

その前にGoogle Keepを簡単に説明させてほしい。
無料のメモツールである。テキストも音も画像もまとめて保存できる。画像はPC版。003

タグで分類できる。「ナイフ」だと、こう。
002 
同期するのでPCもAndroidもiOSの垣根もない。
検索も優秀でメモを貯めてデータベース代わりにしている。
Twitterのブックマークは今の所Android版しか使えないが、Keepを使えばPCでも画像付きでリンクを並べて管理が可能だ。
外での買い物メモやらアイデア帳やらエディタやら、とにかく手放せない。

だが、バグもある。Microsoftなら速攻で直すだろうし、GoogleもChromeなら早いのだが、ことKeepに関しては放置期間がひたすら長い。
改善されたものもあるが、今もPCとAndroidで異なるバグがある。

Chromeブラウザで動くPC版は長文をコピペすると行間が開く。05

                  コピペ後↓

06
勝手に同期するので屋内はPC、屋外ではスマホでエディタとして文章作成できていたのだが
このバグ出現以降、ヤフオク等の定型文は訂正の手間が増えたためMSメモ帳に戻ってしまった。

AndroidのKeepアプリは検索が弱い。PCで検索できるキーワードが引っかからない。
例えば「センター」ではPC版だとこれだけひっかかる。
PC0
AndroidのKeepアプリでは0。
andr0
これでずっと放置ってカじゃないの?
面白いことにAndroid版Chrome上のKeepではコピペも検索も正常に機能する。

さて、ここから本題。
P10LiteのKeepに数万字の文章を一度にコピペしたところ、フリーズしてしまった。
復帰後、白紙の消えないメモがずっと残った。消してもすぐ復活する。
同期しているのでWindowsPCやAndroidタブレットにも白紙メモが出現する。
そうこうするうちに消えたのだが、今度はP10LiteのKeepが起動即落ちるようになった。
本体購入直後だったので何度もOSごと工場出荷状態に戻してやり直すのだが
再インストールした時だけしか動かない。
どうやら他の個体のKeepをいじってからP10Lite側が同期しようとすると落ちる。
Googleアカウントを消してもダメだったので手のつけようがない。OSからの再インストールと違って、Googleアカウントの復帰はそれはそれは手間取った。もうやりたくない

その後、Android版Chrome上のKeepは問題なく動くのに気づく。完璧だな、オイ。
単独アプリと比べて立ち上がりがやや遅いのとレイアウトが縦並びしか選べず見にくいこと、操作性で若干劣るのが残念だが他の機器と同期ができるのはありがたい。

・・・単独アプリで使いたいよう(涙

広告
カテゴリー: コンピューターとインターネット | コメントをどうぞ

過去のファブレットも後継機を残していないはずだワ

カメラとして使いづらかった7インチファブレットのZenfone 3 Ultra。IMG_20170414_182930
デカさゆえ持ちにくいのもあったが、撮影時の補正のバグだろう。
撮れた画像の下半分の色味がおかしいことが何十枚かに一回はあり、心が離れた。 P_20170505_111936_vHDR_On

UQ15日間お試し時に、送られてきたファーウェイP9を使った。
ファブレット購入を決めていたので選択肢にはなかったが、
初めて触った中華製スマホの良さに感心したのを思い出し
ベストバイに選ばれたのも加味して後継機のP10Liteに買い替えた。
スリープになる時間が10分以上選べない他は値段も性能も大きさも満足している。IMG_20180311_213652  

ファブレットはポケットにギリ入るとはいえ携帯性にも難を感じていた。
ウエストorレッグポーチに入れても重さとデカさゆえ「すぐに、出して」使うのに手間が。
画面の広さを重視したはずだったが、その辺は使ってみないと分からなかったね。
これでは過去のファブレットも後継機を残していないはずだワ。
5インチで十分デス。

さて、P10Liteの性能とは違うところで問題が起きた。
(続く)

カテゴリー: コンピューターとインターネット | コメントをどうぞ

昔からある自動車保険会社の名前ってば、長すぎるよね

車のバッテリーがアガった。
嫁が室内灯を消し忘れていて、その日のうちに気づき消したのだが
数日後エンジンが掛からなくなった。
まだ朝だが平日かつ生活の足なので早急に対処する必要がある。

選択肢は3つ。
1.ディーラーを呼ぶ
2.JAFを呼ぶ
3.車の保険会社のサービスを利用する

1.は躊躇した。
というのも同じバッテリー上がりで以前お願いして来てもらった時、
回復はしたのだがナビが何故か壊れてしまったのだ。
整備士ではなくセールスマンが作業したので作業ミス>過電流の可能性はある。
しかし結局は原因不明で処理され、10万払ってナビを新規購入。
ディーラーまで運ぶか整備士に来てもらうかでないともう頼みたくないな。

2.は過去にも色々お世話になっている。JAF会員だし。
数週間前にも客が赤ちゃんと鍵を車に入れたまま閉めてしまい
自分がJAFを呼んで、あとは当事者に対応してもらったばかり。
赤ちゃんは店内ではぐずっていたのに、作業中ずっと笑っていたのが救いだった。
JAF、グッジョブ。
その時は到着まで30分かかった。今日の天気予報では雪が降るとかで
他所からののコールがあるともっと遅くなるかもしれない。

3.は初めて。
加入している保険会社へ連絡すると契約しているサービスが対応してくれるとか。
JAF以外だとなんだろう?ディーラー?部品交換以外は無料っぽい。試してみる。
電話でお願いしたところ、

保険会社 「JAFに入っておられます?」
  自分  「はい」
保険会社 「ではJAFに行ってもらいますね!」

うーんw保険会社を介するメリットあるのかしら。

思ったよりも早く来てくれた。今日は雪で難儀する車は少なかったらしい。
バッテリーの製造日から保証期間の3年が経過しているので寿命だろう、
充電しても回復は難しいので買い替えをJAF隊員から提案された。
持参したパナソニック製が8000円というので支払おうとすると

JAF隊員 「保険会社から半額出るので4000円です」

念のため保険会社に確認したら本当だった。
この事で掛け金が高くなったりはしないとのこと。わお。

今後、車のトラブル時には保険会社に連絡しよう。そうしよう。

カテゴリー: TIPS | コメントをどうぞ

「暫定」マイ・フェイバリット・カランビット

手持ちのはどれも良くて選べない。
なので普通のナイフよりも長く握っているのを根拠に、使用時間の長さで決めてみた。
「暫定」マイ・フェイバリット・カランビットは
こちら!
IMG_20180215_214853
スミマセン、商標侵害シテルデアロウ物デス。IMG_20180215_215016
オススメ絶対シマセン。

コピーを名乗るのもおこがましい偽物で、出来の悪さ・差異は数知れず。
ブレードを止めるピボットピンは毎日使っていると、必ずひと月で緩んでくる。IMG_20180215_214959
本家のハンドルはG10(ガラス繊維入り強化プラスチック)で
すべり止めの凹凸模様は精密機械で美しく削り出されている。↓本家DSC_1282
偽物はアルミ。鋳造であろう作りで凸凹模様も荒い。IMG_20180215_214949
リング縁の厚さもハンドルの太さも、本家と異なり細い。IMG_20180215_215007
ロック機構も本家はロックバックだが偽物はライナーロックだ。
本家に一番近い形状のブレードも質はナマクラで刃持ちが悪い。
他のカランビットで産毛を剃る刃をつける、同じメソッドを用いても切れ味は良くならない。
波刃は偽物オリジナル。普通、波刃はビニールやロープ相手だと大変重宝するのだが
IMG_20180215_214909
先が尖りすぎてて波の高低差がありすぎてビニールを破る(切る、ではない)くらいしか。

しかしながら、先に挙げた「本家とは違う点」が、CRACKER(・x・)には使い良い。
ライナーロックなので片手でも開閉操作がしやすい。
本家G10は表面加工のせいで絶対滑らないマン状態なのだが
握るだけならともかく、クルクル回すと皮膚が「削れて」痛くなる。
偽物のアルミハンドルはそこそこ滑らず、かつ回しても擦れて痛くならない。
リングの縁は薄くて手持ちのカランビットで一番回しやすい。ここ大事。
ハンドルの長さが絶妙。ポケットに入れても邪魔にならない。IMG_20180215_215109IMG_20180215_215124
600番くらいのセラミック砥石を使えば、封筒やらゴーヤを切るには十分だ。

偽物案件とは関係ないが波刃はヤスリで丸く広く改造した。IMG_20180215_214941
どうかするとストレートの刃よりもよく切れたりする。
尖った形状の方がビニールへの最初の食い込みが良いので次の改造までの課題だ。

しかし今回の記事でコレクションを見比べて、改めて偽物の作りの粗さを再認識した。
他の中国製はどれも細部までキッチリ仕上げてあるのに。まあ安くとも正規品だしね。
偽物は機能的で使いやすくても所持する喜びが無い、というか。

だから、夢想する。
もしも商標侵害していない、同じ形状で精度・品質の良いのが出たら・・・と。
本家と形状が違うのだしオリジナルとして売り出せるハズ。ブレードの印字は勿論ナシw

でも、そんなイイのが本当に出たら
勿体なくて保管だな。

カテゴリー: ナイフ&シース | コメントをどうぞ

マイ・フェイバリット・カランビット選考

注:近接戦闘や護身術等とは全く関係ないことをお断りしておきます。

前に書いたとおり、マイ・フェイバリット・カランビットを決めよう。
CRACKER(・x・)にとって使いやすいカランビットの条件はこちら
回しにくいのを売り払い、手元に残ったお気に入りたちを改めて見てみると

職場内では人目に触れぬよう、クリップを使わずポケットに埋没させているのだが
S&Wのは薄い生地のポケットに放り込むには少し重さが気になる。IMG_20180215_201713
FOXとMテックのこれらはリングが一重に加えハンドルが長すぎ、ポケット内で支(つか)える。 IMG_20180215_201612

ワルサーは趣味。一目惚れだった。
IMG_20180215_195237
握る。回す。大きさ。とってもイイ。
エッジは凶悪な見た目だが事務仕事も支障なく、厚紙もコピー用紙もスパスパ。IMG_20180215_195834
日本のネット販売に無かったので取り寄せた。すぐ手に入らないので保管するしか。

エマーソンはパーフェクト。完璧。唯一のMADE IN USA。IMG_20180219_220933
そして事務仕事とゴーヤの収穫に使うのは恐れ多いので保管だ。

Mテックの心持ち小さいシリーズ(勝手にそう呼んでいる)は握りやすく掌に馴染む。IMG_20180215_200943
そして安い。だが、在庫はとうになく手にはいらない。これも保管だ。

ベンチマークのベノム・カランビットは平均的なアメリカンカランビット。IMG_20180215_201223
飛び抜けた長所はないが不可の要素もない。標準的で使いやすい。IMG_20180215_201521IMG_20180215_201523
値段も安く、まだ手に入る。使い潰すなら第一選択かも。
でも緑がきれいなので保管。

どれも違って、どれも良い。マイ・フェイバリットを選ぶのは難しい。
・・・やはり毎日使っているやつかな。普通のナイフよりもはるかに使用時間長いし。

カテゴリー: ナイフ&シース | コメントをどうぞ

プラ廃物と安物接着剤で結構実用になった

店舗の夜間警備を某アルソックに委託している。
以前は壁に設置されたコントローラーに暗証番号を打って警備の起動・停止をしていたが
途中からIDキーをコントローラーにかざすだけでよくなった。 IMG_20180131_15
最新型はスマホを使うとか。

10年近く鍵と一緒に持ち歩いたIDキーがいつの間にか折れていた。IDキー1
↑イメージ

穴は無事で、折れたのはその根本。中は空洞で、力が加わると弱かったようだ。IDキー2
さて、どう直したものか。(送り返して交換、は最後の手段)
瞬間接着剤で側(がわ)は着くにしても中空だから強度が保てるか分からない。
ヒートペンでプラを溶かしても側をいじらず中空の充填は難しいだろうし強度が(同上。
丈夫かつ側と結合するような素材で中空を充填できればいいのだが。
・・・そういえば値段が高いし、ヒートペンがあるしで買わないでいたが、
気になっていたアイデア商品があったっけ。

アルテコ瞬間接着パテ
凹みにプラスチック?の粉を盛り、液状の瞬間接着剤を滴下して埋め固めてしまう。
従来のパテとも液とも違う、複雑な凹み埋めには最適かも、と。

プラモデルのヤスリがけの際にちびちび溜めたプラスチックの粉がこちらです。IMG_20180113_142719
溜めて試してみようと思っていたがヒートペンがあるとそっちの材料になっちゃう。
オリジナルと比べ微細って何?な代物だが、時は来た。試すべし。
粉を隙間に詰めて叩いてを繰り返し100均の瞬間接着剤を流し込む。画像は撮り損ねた。

出来上がりがこちら。
IMG_20180113_181435IMG_20180113_181452
鍵と共に持ち歩くので塗装はしない。 表面はヤスリで滑らかにした。IMG_20180113_182030
強度はというと、一ヶ月持ち歩いてみて今のところは問題ない。IMG_20180113_182301 IMG_20180210_235430
構造でいえば繊維強化プラスチックみたいなものか。凄いなコレ。

え、ベビーパウダーも使えるの

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

シャープシューターは最後の武器デス

U.L.Uナイフの2本目を買った。
IMG_20180108_152101_1
そして1本目と同じくハンドルのラバーコートがべとつく。
IMG_20180108_152136
白い粒はひっついた汚れ。 個体差ではなかったらしい。
本来は滑り止めとして機能するのに、べとつきがひどくなると汚れを巻き込む。
洗っても落ちなかったで、
1本目はラバーコートを除去した。 2015-07-07 21.33.442015-07-22 04.43.51IMG_20180108_152246

2本目は黒色で汚れが目立たないし予備扱いなので使わず引き出しにしまいこんでいた。
ハンドルの処置は1本目が使えなくなったときにすればいい、と。
そんなとき、気になる記事を見かける。 ゴムのベタつきをとる、ですと??

石油由来のゴム製品は空気中の水分と結合、加水分解を起こしべとつく、とある。
べとつきを取る方法は複数あるが、ひどいときはアルカリ性の液に浸すのだとか。
重曹があるので溶かして塗ってみる。
IMG_20180108_154103IMG_20180108_155733IMG_20180108_160136IMG_20180108_160438
5分待って拭き取る。どうか?
IMG_20180108_161324
指にくっつく。くっついて、浮く。
IMG_20180108_161346
もっと強いアルカリ液でないと駄目なのか?
・・・それは最後の手段に取っておいて次の手。
ジップロック(っぽい)袋に、温めた重曹水と一緒に入れた。
IMG_20180108_232821
丸1日放置してから流水で洗う。
乾かした直後はあまり変わっていない感じだったが
日が経つに連れ、くっつくような、嫌らしいべとつきが収まってきた。

IMG_20180113_142428

表面の傷は洗ったときについたもの。光の具合では目立つが我慢できる。IMG_20180113_142502
よし。

カテゴリー: ナイフ改造 | コメントをどうぞ