マギーブランドのソースは複数あり、7番だか9番だかが醤油そっくり(脳内デマ)

石毛直道「食生活を探検する」を見つけたのは通っていた高校の図書館だった。
1969年出版で、あの「冒険手帳」よりも3年早い。なぜ「冒険手帳」を持ち出すかというと以前にも触れたが食人や他の同じ逸話があり、元ネタにされたと推測できるからだ。そして食に関して、より詳しく面白い。文化人類学者である著者がアフリカや太平洋諸島で実地調査した際の、現地の人そして自分たちの食事に関する含蓄のある話がコレでもかと詰め込まれている。
高校卒業後、長いこと失念していたが、ウロ覚えのタイトルで検索し、この度古本を手に入れることができた。
IMG_20180712_102107
これは1980年発行の文庫版。Kindleもあるでよ。

さて、本の冒頭、1950~60年頃と思われるアフリカで駐在邦人らに請われて和食を作る話がある。材料がないのにどうやってと懸念されるのを尻目に市場へ行く著者だが、さてさて。因みに出来た料理は潮汁、紅白ナマス、刺し身、天ぷら、納豆、漬物(浅漬け)と紛うことなき和食の数々。アフリカでは高級魚扱いされない鯛を使うとか、納豆は現地産のオクラで代用とか。
詳しい話は何処かで読んでいただくとして、興味を引いたのは調味料である。邦人宅にある、なけなしの醤油は使わず、西洋人向けのマーケットで売っている「マギーアロマ」なるソースを代わりに使う記述がある。マギーといえば田舎の高校生でも知っているブイヨンスープの銘だが、マギーアロマは知らない。見たこともない。醤油にそっくりの味わいと紹介されていて、なるほど外国で醤油味がいるならコレを買えばいいのかと図書室で感じ入った。

歳を取ると記憶って変質しますよね。「マギーブランドのソースは複数あり、7番だか9番だかが醤油そっくり」(脳内デマ。大学生の頃すでにw)古本を手に入れて正しい内容を再確認し、ネットで見つけた。日本ではマギーシーズニングソースとなっている。
材料は加水分解された小麦由来蛋白、カラメル、砂糖、塩・・・これって合成醤油?ブランドヒストリーで東洋の味覚にインスパイヤされたとは書かれていないが、作られたのが明治18年てことを考えると凄い発明だぞ、マギーさん。

舌を鍛え味のイマジネーションを確立せよ、用意した材料で味を予測・作れるようになろうと石毛先生は示唆され、イマジネーションのない人が正月の山頂で雑煮を作ろうとしてニンニクをぶち込んだ失敗例を上げておられる。先の駐在邦人が和食に憧れて作った「大ナベに肉塊をほうりこんでダシをつくり、そこへスパゲッティをぶちこみ、塩味をつけ、ネギのブツ切り、卵を入れた鍋焼きウドンのごときもの」も当人たちが満足できていないのだから同様だろう。海外でも醤油はすぐ手に入るご時世だが、日頃から料理を嗜み理解しておかないとってことかな。

豆腐にかけるもので醤油は和風、ゴマ油とクレイジーソルトなら中華、オリーブ油とハーブソルトでイタリアン、みたいな。(違う!?)

広告
カテゴリー: グルメ, | コメントをどうぞ

一重リングのカランビットを回しやすくできるか

カランビットを回すとき
一重のリング、それも幅が薄いのは回すとブレる気がする。
これは安心して回せる。
IMG_20180627_204050 
幅が細い一重リングはブラブラする気がする。IMG_20180627_204153IMG_20180627_204213
あと細くて食い込むイメージが。
機能的で気に入ったデザインのものでも、こと回すことに関しては上記理由でイマイチ
自分でパーツを作ってリングを交換するとか、プラスチックのガワを作ってハメるとかしか無いのか?技術的にムズいし、作れても労力と時間に見合う出来にはならないだろう。

さて
気になるカランビットがあったのでYouTubeでレビューを見ていると、あるユーザーがリングに革紐?を巻いていた。

スタマイズされて何やらかっこいいし、幅が太くなるよね・・・コレだ!

手元にあったパラコードを巻いてみた。
IMG_20180522_223405
コードの端の処理はこちらを参考に。釣り糸(今回もきゅうりネット)を使う。IMG_20180522_224028IMG_20180522_224142
うわ、かっこいいぞ!かっこいいが、ちと太くネ?
IMG_20180522_224528
指を入れるとハマってしまい、回らない。
IMG_20180522_224620 
次策。コードの中身を抜いてぺっしゃんこになった外側だけ使ってみる。IMG_20180522_225000
ストライダーナイフでもやってた技法だな。先程よりは細くなった。IMG_20180522_230012
回すと、ちと痛い。内側のコードの重なったところが横から見るとトゲというか突起になっている。IMG_20180522_230043
リトライ。リングの外縁は空くが内側は重ならないよう隙間なく巻く。IMG_20180530_221319
回す。さっきほどではないが、擦れる。
そりゃストライダーもハンドルの滑り止めに巻いたくらいだから・・・

あ”ー <( ゚д゚)>

カテゴリー: ナイフ&シース, ナイフ改造 | コメントをどうぞ

最初見たときは理解できずナニコレwだったな(遠い目)

カブトムシの背中の角みたいなポッチリ。
IMG_20180615_131314IMG_20180615_131210
ただの意匠、デザインではない。
「WAVE FEATURE」は米エマーソン社の特許である。画像中央の数字はパテント(特許)番号。IMG_20180615_131233
ポケットから出すときに角が縁にかかり、ブレードが開く。飛び出しナイフと違い、バネを使わないので合法。IMG_20180615_163817IMG_20180615_163836
角の背中は親指を乗せやすくガードも兼ねる。使っていて意外と邪魔にならない。IMG_20180615_164542
優れたアイデアなので使用料を払い、
採用している他社製品もある。
IMG_20180615_131034IMG_20180615_131053

これは無許ka・・・
IMG_20180615_130937IMG_20180615_130950
・・・ああ、鶏のトサカみたいなデザインですね。 ポッケから出すときによく引っかかって勝手に開きますが、違いますね。機能的で好きですw

さてカランビット改造パーツを調べていて知ったのだけれど、海外ではスパイダルコナイフのサムホールに結束バンド(ケーブルタイ)を付けてWAVE FEATUREと同じ機能をもたせる人がいるのな。


メートリアーク2はノーマルとWAVE FEATURE付きの2タイプがある。P_20170915_152850_vHDR_On
特許使用料と制作の手間の分だろう、WAVE FEATURE付きの価格が若干お高い。結束バンドをつけて同じ機能が得られるならノーマルの方がお買い得じゃない?試してみたい。
P_20170915_152957_vHDR_On

2列にすれば、しっかり固定できる。さてさて。P_20170916_105721_vHDR_On

開かない。滑る。丈夫で厚みのあるデニムならともかく、伸びる・柔らかい・薄い生地だとWAVE FEATUREと比べて引っかかりにくい。無いよりはマシな程度で、雲泥の差だ。付けたのに開かないと却ってストレスたまる。よくよく考えてみれば片手での開閉にはこだわるけど、「ポケットから即開帳!(・x・)ナンダソリャ」しなくても特に困らン。結束バンドを外して元にもどそう。P_20170915_152634_vHDR_On
シンプルがいい。

あれ?
手持ちのスパイダルコで試しておけば2本も買わなくて済んだのでわ?いや、WAVE FEATURE付きを2本買えたのでわ?あれ?
面白そう!!と思い込んだときの視野の狭さ、思慮の至らなさ、性急な行動は未だ治っていない。

カテゴリー: ナイフ&シース, ナイフ改造 | コメントをどうぞ

分解できることのありがたさを痛感した話その2

まずはよく利用するナイフのネット通販店にメートリアーク2とセットで購入するからリングのパーツを取り寄せられるか尋ねてみた。返答があり、パーツを作る会社とは取引がないので出来ないとのこと。これは仕方ない。

手間やら万が一の事故を考えて、個人輸入の代行サービスにお願いしよう。利用するのは初めてではないが、初回は上手く行かなかった。海外オークションサイトで日本製だが国内では見かけないナイフを見つけたので代行サービスに落札を依頼した。代行サービスのサイトには扱えない商品~刃物類全般を含む~があると書かれている。件のナイフはサイズや形状が日本の法律に触れていなかったので大丈夫だろうと考え、申し込んだら受け付けられたので安心していた。
しかし落札終了直後に扱えないと連絡が。安心させておいてこの仕打ちwサイトが重いのとセンスが古くて見ずらいのもあり、
別の業者に乗り換えた。 どの代行サービスも扱えない商品は同じなんだけど。

今回はパーツのみなので輸入に問題はなかろう。パーツ一個で35ドル。手数料やら送料が計10.5ドル。
メートリアーク2本体は種類が2つあり
P_20170915_152850_vHDR_On
諸事情で両方欲しかったのでパーツも2つ買うことにした。ナイフは国内のサイトで購入する。個人輸入の手数料・送料は2つに増やしても重さや大きさの規定範囲内なので変わらない。今回は初回特典だかなんだかで商品のみの代金70ドルよりも合計が約10ドル安くなってしまった!お得!!機会があれば次回もお願いします。

こちらが届いたパーツ。削りも塗装も至極丁寧な印象。
P_20170913_173528_vHDR_On
交換の説明書は英語だがイラスト入りなのでなんとかなる。動画も公開されているのでそちらも参考に。

P_20170913_175041_vHDR_On
思っていたよりも簡単に取り替えられた。

これが
P_20170913_173751_vHDR_On

                          ↓↓↓

IMG_20180511_181746
かっこいい!
P_20170915_152634_vHDR_On

かっこいいんだが
IMG_20180511_182027IMG_20180511_182008
ちと長くないかい?畳んでもポケットにすっぽり入らんな。
長いけどハンドルがフルメタルではないので、この持ち方でも重くはない。
IMG_20180604_225400
人差し指だけで(この↓状態)クルクル回すのは問題ないが
IMG_20180604_225508
中指で止めたり接触する時は痛い。
P_20170916_181935_vHDR_On
滑り止めの凸凹は滑らかに仕上げてあるものの、指の皮が擦れる。剥ける。ここは残念。

よく切れるしきれいだし。
IMG_20180511_182111
やはり保管だなあ。

カテゴリー: ナイフ改造 | コメントをどうぞ

分解できることのありがたさを痛感した話その1

CRACKER(・x・)がカランビットにハマったときにはすでにブームは去っており、新作は年に一回出るか出ないか。在庫は次々と消えていき、気に入ったものは懐が許す限り買い集めたものの、品質と使い勝手が両立したブツはなかなか無く、渇望は止まらなかった。

そのうちホークビル(鎌状のブレードのナイフ)に羨望の眼差しを向けるようになる。ああ、ハンドルエンドにリングが付いていたら買っちゃうのに・・・特にスパイダルコのハーピーとかタスマンソルトとかホークは品質や切れ味が良いと分かっているので尚更だった。
これはスパイダルコの血縁、バード社のホークビル。リングがついていればぁぁあ
IMG_20180514_222540
(スパイダルコのカランビットは
手に合わなかったデザインがそそられなかったり。好きなメーカーなんだが)

スパイダルコのメートリアーク2。
P_20170913_173751_vHDR_On
これほどブレードのデザインが凶悪なのも珍しい。先端の形状は明らかに〇〇を引っ掛けるためのもので・・・とにかく自分が買っても使い道がないハズだった。オークションでリングが付いたモデルを見かけるまでは。何、この凶悪、いや、かっこいいカランビットわ!?でもショップはおろかスパイダルコのHPでもリング付きメートリアークは見たこと無い???
調べてみると、サードパーティが作った非正規部品に交換することでリング付きにした改造品だった。

USA自由だわー好きだわー
なんとか安く手に入れたいわー。

オークションの改造品は開始価格18000円。本体は日本のネットで12000円前後。交換する部品はサードパーティのサイトで35ドル=約3500円。国内向けのショップでは販売されていない。輸入費用次第では自分で交換したほうが安上がりだ。

まずは問い合わせしてみよう。(続く)

カテゴリー: ナイフ改造 | コメントをどうぞ

あと少しで神アプリなのに

さて、P10Liteの性能とは違うところで問題が起きた。

その前にGoogle Keepを簡単に説明させてほしい。
無料のメモツールである。テキストも音も画像もまとめて保存できる。画像はPC版。003

タグで分類できる。「ナイフ」だと、こう。
002 
同期するのでPCもAndroidもiOSの垣根もない。
検索も優秀でメモを貯めてデータベース代わりにしている。
Twitterのブックマークは今の所Android版しか使えないが、Keepを使えばPCでも画像付きでリンクを並べて管理が可能だ。
外での買い物メモやらアイデア帳やらエディタやら、とにかく手放せない。

だが、バグもある。Microsoftなら速攻で直すだろうし、GoogleもChromeなら早いのだが、ことKeepに関しては放置期間がひたすら長い。
改善されたものもあるが、今もPCとAndroidで異なるバグがある。

Chromeブラウザで動くPC版は長文をコピペすると行間が開く。05

                  コピペ後↓

06
勝手に同期するので屋内はPC、屋外ではスマホでエディタとして文章作成できていたのだが
このバグ出現以降、ヤフオク等の定型文は訂正の手間が増えたためMSメモ帳に戻ってしまった。

AndroidのKeepアプリは検索が弱い。PCで検索できるキーワードが引っかからない。
例えば「センター」ではPC版だとこれだけひっかかる。
PC0
AndroidのKeepアプリでは0。
andr0
これでずっと放置ってカじゃないの?
面白いことにAndroid版Chrome上のKeepではコピペも検索も正常に機能する。

さて、ここから本題。
P10LiteのKeepに数万字の文章を一度にコピペしたところ、フリーズしてしまった。
復帰後、白紙の消えないメモがずっと残った。消してもすぐ復活する。
同期しているのでWindowsPCやAndroidタブレットにも白紙メモが出現する。
そうこうするうちに消えたのだが、今度はP10LiteのKeepが起動即落ちるようになった。
本体購入直後だったので何度もOSごと工場出荷状態に戻してやり直すのだが
再インストールした時だけしか動かない。
どうやら他の個体のKeepをいじってからP10Lite側が同期しようとすると落ちる。
Googleアカウントを消してもダメだったので手のつけようがない。OSからの再インストールと違って、Googleアカウントの復帰はそれはそれは手間取った。もうやりたくない

その後、Android版Chrome上のKeepは問題なく動くのに気づく。完璧だな、オイ。
単独アプリと比べて立ち上がりがやや遅いのとレイアウトが縦並びしか選べず見にくいこと、操作性で若干劣るのが残念だが他の機器と同期ができるのはありがたい。

・・・単独アプリで使いたいよう(涙

カテゴリー: コンピューターとインターネット | コメントをどうぞ

過去のファブレットも後継機を残していないはずだワ

カメラとして使いづらかった7インチファブレットのZenfone 3 Ultra。IMG_20170414_182930
デカさゆえ持ちにくいのもあったが、撮影時の補正のバグだろう。
撮れた画像の下半分の色味がおかしいことが何十枚かに一回はあり、心が離れた。 P_20170505_111936_vHDR_On

UQ15日間お試し時に、送られてきたファーウェイP9を使った。
ファブレット購入を決めていたので選択肢にはなかったが、
初めて触った中華製スマホの良さに感心したのを思い出し
ベストバイに選ばれたのも加味して後継機のP10Liteに買い替えた。
スリープになる時間が10分以上選べない他は値段も性能も大きさも満足している。IMG_20180311_213652  

ファブレットはポケットにギリ入るとはいえ携帯性にも難を感じていた。
ウエストorレッグポーチに入れても重さとデカさゆえ「すぐに、出して」使うのに手間が。
画面の広さを重視したはずだったが、その辺は使ってみないと分からなかったね。
これでは過去のファブレットも後継機を残していないはずだワ。
5インチで十分デス。

さて、P10Liteの性能とは違うところで問題が起きた。
(続く)

カテゴリー: コンピューターとインターネット | コメントをどうぞ